実行できない理由は経験がないから

計画を立てても、多くの議論を積み重ねても何故か実行できない。その理由はシンプルで、経験がないからである。

D.A.コルブの経験学習理論でいうなら、経験を通じて抽象化し、内省をした上で積極的行動に出ることが学習サイクルとされる。

昔、師匠が言った。「理解と納得は違う。言葉は理解しても、自身の経験と照らし合わすことができたら人は納得して頷く。そうだそうだと。しかし、臨場感の無いものはイメージが湧かない。だから本当は理解していない。疑似体験でもあれば、それに照らし合わせイメージを掴むことができる」。

コンサルタントとして事業開発に20年以上携わっているが、やったことがある範囲でしかやろうとしない。或いは、他のこと(多くは日常業務で緊急性の高いもの)を理由にやろうとしないか、ほんのちょっとだけ報告書をいじるだけで終える。

行動を変えない限り結果は変わらない。

リスクを取って新たな行動に挑戦する勇気がなければ結果は変わらない。

近頃は上手く言い逃れて、斬新な奇抜な情熱的な行動を取る人はあまり見ない。平和になりすぎたのか。情熱を傾けるもの、好奇心がないのか。

VUCAの時代、問われているのは新たなことに挑戦すること、行動することである。