実践研修

一部紹介。クライアント企業さまの要望に応じオリジナルメニューを作成。

1.ビジネスリーダープログラム

 中計経営計画及び年度計画に展開するものは、コンサルティング・サービスとして扱っています。

 1クラス約20名前後。

 期間は6か月から1年。

 毎月1回から2回開催。

 事前課題、事後課題、個別指導など行います。

 要望に応じ、ビジネスリーダー・コンピタンス・データベースとの比較あり。

 研修ではなく実践研修であり、道場と思ってください。

 *実績:総合化学、総合家電、国際物流、総合建機メーカー、グローバルIT企業、グローバル・ビークル、グローバル自動車部品メーカー、グローバル精密機器メーカー、スモールビジネス&ベンチャーなど。

       

2.役員プログラム

 取締役層、経営幹部層を対象としたプログラム。

 1日から3日間までのプログラム。

 主な内容:戦略・イノベーション、マーケティング(ブランド、消費者行動)、会計・財務・原価計算・リアルオプション、組織マネジメントなど

 *実績:某財閥系総合電機10年以上、日本オラクル株式会社(役員選抜など)、上場IT系企業、エネルギー会社など

       

3.事業開発プログラム

 戦略及びマーケティングなどをベースとしたプログラム。

 具体的に事業開発案作成を通じ、理論と実践の感覚を磨く。

        

4.アイデンティティ・プログラム

 リーダシップ理論の変遷及び本質を通じてオーセンティックなリーダシップを自身で描く。

 エンゲージメント、モチベーションそしてアイデンティティ。

         

5.プロジェクト・マネジメント

 オリジナル・プログラム7つの原理と54の行動指針。

 プログラム・ノウハウは一般社団法人日本能率協会のプログラムに反映。

 *実績(単発研修ではなく導入研修のみ):財閥系化学会社、精密機器メーカー、自動車会社など。

          

6.組織マネジメント

 オリジナル・プログラムであるマネジメント・ヒエラルキーを使用。

 戦略から機能を列挙。各機能の関係構築。機能の本来使命を定義。機能体系から組織使命を整理。そこから業務体系を整理し、職場の役割記述へと展開。

        

7.行動革新プログラム

 オリジナル・プログラムであるタイムキャピタルマネジメントを使用。

 組織としての時間資源配分と個人としての時間習慣を再構築する。

 何故、計画は実行されないか。それは行動していないから。

 プログラム概要は、「ナレッジワーカーの生産性」(産業能率大学出版部)にて紹介。

          

8.会計・財務・原価計算

 ビジネスマンのためのプログラム。管理職層には必須といえる。

 利益計画の基本は原価計算。

 全て演習問題形式で展開。エクセルを使って学ぶ。

 リスク・キャピタルからの目標利益など。

 リアルオプション演習。

         

9.業務改善

 ホワイトカラー改善8原則。

 問題と改善。

 KJ法などのグループワーク。

 BPR及びBSC。

 *日本で最初のBPR成功事例及び日本で最初のBCS導入事例(外資系生保)(宮川 雅明)